湧水(その1) 愛鷹運動公園・せせらぎの径

 富士山の周りには多くの湧水地がある。柿田川や忍野八海等、有名な所もあれば、今回の様に無名の所もある。今後ウォーキングを続けて行く中で訪問した都度、その湧水とそれが流れ込む川等を綴る事とする。富士山の周りに湧水地が何箇所あり、これから先、何箇所訪問出来るかな...?
 愛鷹運動公園の西側の渓谷にある清流に沿って、「せせらぎの径」と言う、美しい名前の散策路がある。せせらぎの径の清流は、この近くの湧水が源になっている。昭和10年頃ここでワサビを作っていた時は沼津の名所にもなったとの事です。
画像
                 せせらぎの径に沿った清流の水源地

 昭和47年に沼津市がこの地に少年自然の家をつくり、子供達にこの水を利用させることとした。炊事する為のかまどや取水設備を整備した。取水設備は写真で分かる様に、この自然環境に合致した、親しみやすい、木の樋で出来ている。
画像
                     木で出来た取水設備

 せせらぎの径は、清流に沿って木の通路や踏み石が並べられていて歩き易く、清流の中を歩いている気分になれる。
画像
                  歩き易く整備されたせせらぎの径

 せせらぎの径は二つ目のダムで作られた大きな池で終わりだ。カモやアヒルが泳いでいた。このダムの先は第2東名の工事で分断されて川が無くなっているようだ。しかし、地図によると中沢川となって愛鷹山の麓まで流れている。
 せせらぎの径の湧水は中沢川の水源なのだ。
画像
                  静寂な池でカモやアヒルが泳いでいる

 せせらぎの径の途中に珍しい所がある。気根の庭で、落羽松(ラクウショウ)と言うスギ科の木の根が地上にあちこち突き出ているのだ。まるでプレーリードッグの一団が出迎えてくれているみたいだ。一見の価値はある。
画像
                          気根の庭

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック