健やかウォーキング

アクセスカウンタ

zoom RSS 帯那山

<<   作成日時 : 2016/06/23 17:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

5月15日に山梨百名山の帯那山に行ってきた。スタートは上帯那集落の奥にある脚気石神社。その神社左横のコンクリート舗装路を進む。
画像

舗装路とは言え、落葉が積もったり、草茫々で殆ど人が歩いた形跡がない。
画像

帯那山へは、神社の前を通る林道が山頂手前まで伸びているのでこの登山道を歩く人は少ないのだろう。
林道を2回横切るが、その先の道も人の歩いた形跡が感じられない。
画像

2度目の林道を横断した道を進むとニリンソウの群落地に出た。
画像

更に進むと右手から上積翆寺からのコースと合流する。
画像

更に20分進むと広い作業道路に出る。木に括りつけられた標識は下り傾斜の左方向を示しているので、それを信じて進む。
画像

この道路は柵で囲まれた牧場に沿っている様で、柵内にはズミやミヤマザクサが咲いていた。手が届く所に咲いていたミヤマザクサを撮影した。
画像

作業道を進むと樹木が開けて市街地が展望できた。ここから南アルプスも見えるようだが、この日は雲が掛かっていて見ることが出来なかった。
更に20分進むと車止めのゲートが現れる。
画像

ゲート脇を進み暫く歩くと小さな山頂への標識が現れる。
画像

標識の示す先に細い踏み跡があり、急斜面をジグザグに登って行くと山梨百名山の新旧標識が並んで立っている山頂に到着する。
画像

標識のバックに大きなズミの木が沢山の花を付けていて標識の舞台を飾っていた。
画像

山頂標識の横には関東の富士見100景の看板が立っていたが、この日は雲に隠れて富士山は見えなかった。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

帯那山 健やかウォーキング /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる