健やかウォーキング

アクセスカウンタ

zoom RSS 九鬼山

<<   作成日時 : 2016/01/11 10:23   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨年の11月17日(火)、山梨百名山の九鬼山に登った。
この日、途中の富士山駅で見た富士山には笠が掛かっていた。この後、この笠が大きくなるのか? それとも消え失せるか?どちらになるか不安と期待が交錯する中、富士急電車で田野倉駅に向かった。
画像
 

−−−−−−−−−−−−−−−−<山行概要>−−−−−−−−−−−−−−−−
 
登頂山名:九鬼山(970m)
登山日時:2015年11月17日(火)
天    候:晴れ
コ ー ス:田野倉駅(9:50)〜池ノ山コース登山口(10:10)〜池ノ山(10:50)〜
       禾生駅分岐(11:05)〜九鬼山山頂(12:00/12:45)〜禾生駅(14:20)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 田野倉駅を降り、国道沿いを歩く。山道に入ると標識が現れる。池ノ山コースと札金峠コースがあり、池ノ山コースへ進む。
画像

 登山道は直ぐに沢を渡る。
画像

 沢の先は植生林の下の急斜面をジグザグに登る。20分登ると展望地に出る。麓のリニア実験線が綺麗に見下ろせる。時々ゴーと大きな音を立ててリニアが走り抜ける。しかし、短い区間なので音がした時に見てもリニアは通り過ぎた後で姿を見ることが出来ない。
画像

 リニアから目を上げると中央高速・河口湖線の左右に並ぶ山々が十二単の裾に見える十二単富士だ。笠雲は小さくなっているがくっきりとは晴れない。
画像

 登山口から40分で池ノ山に到着。
画像

 見晴も得られない山頂だが、しっかりと三角点はある。
画像

 黄葉の下を進み、
画像

 登山口から約1時間で禾生駅への分岐点に到着。
画像

 樹木の間から富士山が見えていた。笠が少し多くなってきた。
画像

暫し休憩の後、最後の急登に取り掛かる。山頂間近になるとロープも現れる。
画像

 登り切るとご褒美の富士山展望台に到着する。残念ながら、笠雲が大きくなってきた。
画像

 展望台から数分北側に進むと、そこが九鬼山の山頂だ。ここにも、山梨百名山と大月市の秀麗富嶽十二景の標柱が並んで立っている。
画像

 山頂からは富士山は見えない。従って、秀麗富嶽十二景・十番山頂の富士山は山頂手前で見た富士山になる。しかし、十番山頂の富士山よりも、この日の中腹で見た中央高速道やリニア実験線の上に聳える十二単富士の方が私は好きだ。

 富士山と反対側の北方面は大きく開けていて奥秩父方面の山々が綺麗に展望できた。
画像

 下山路は杉山新道を下り、禾生駅へと向かった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
九鬼山 健やかウォーキング /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる