健やかウォーキング

アクセスカウンタ

zoom RSS 甘利山ウォーキング      

<<   作成日時 : 2007/06/23 20:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

 今日は、昨日行って来た甘利山ウォーキングに付いて綴る。
 生憎の天気模様で当初予定していた千頭星山まで登ることは中止し、甘利山山頂付近のレンゲツツジの鑑賞を中心とすることとした。甘利山山頂まで徒歩であと30分程の所に駐車場(標高1,640m)が有り、そこまでは車で登る。駐車場に降り立つと綺麗なレンゲツツジが出迎えてくれた。
画像
               (駐車場横のレンゲツツジの群生)

 レンゲツツジは丁度満開で見頃であった。駐車場には観光客目当てに売店も出ていたが生憎の天気でお客さんは少ない。雨具で身を固めて山頂を目指す。甘利山山頂は標高1,672mなのであと、標高差は32mと随分楽な山行となった。潅木が無くなり山頂方向が望める地点に出た。
画像
            (レンゲツツジの間の白い花はキイチゴの花)

 山頂から少し下の眺望の良い地点に出ると回り一面がレンゲツツジの花園だ。
画像
                 (山頂方向を望む)

画像
       (遠くの山を望む  天気が良ければこの左手に富士山が見える)

 山頂に着くと先ほど通った通路の両側は一面、ツツジのジュウタンだ。
画像
          (晴れていれば綺麗なレンゲツツジのジュータンか?)

 レンゲツツジは有毒の為、牛馬を放牧していた山などでは食べられずに残って繁殖したと資料にある。甘利山以外の山々でもこのレンゲツツジの群生が良く見られるのはこの為だったのだ。
 レンゲツツジの花はツツジの中でもオオムラサキと同様に大きくて、色は明るいオレンジで美しい。この花が群馬県の県花になっているのも肯ける。
画像
           (雄しべは5本、雌しべは雄しべよりやや長い)
         
 花は新葉の展開する直前あるいは同時に咲き、枝の先端に2〜8個の花が付く。レンゲのように花が輪状に並んで咲くのでレンゲ(蓮華)の名が付いた。
画像
       (レンゲツツジの由来はレンゲの様に花が輪状に付く事から)

<レンゲツツジ(蓮華躑躅)>
  ツツジ科、ツツジ属
  名前の由来:レンゲのように花が輪状に並んで咲くので
<特徴>
  5、6月頃に高原に咲く
  牛馬を放牧していた山など、この木に毒があるため食べられず残って繁殖した
  鮮明なオレンジ色
  2メートルまでの落葉低木
  有毒植物

 甘利山でも幾つかの山野草に出会った。しかし、残念ながら雨にスッポリと濡れてしまって、どの山野草も重くうな垂れていた。
画像
                 (ウマノアシガタ)
画像
                (シロバナノヘビイチゴ)
 シロバナノヘビイチゴはバラ科 オランダイチゴ属で、ばら科、へびいちご属のヘビイチゴの仲間ではない。現在のいちごの原種にあたるそうで食べられると言う。

<シロバナノヘビイチゴ(白花蛇苺)>
  バラ科 オランダイチゴ属
  別名:モリイチゴ(森苺)
<特徴>
  多年草。
  根出葉は倒卵形の小葉3枚からなる複葉
  5〜7月に咲く
  花は白色で径1.5〜2cmの5弁花を2〜4個開く
  実は赤く熟し甘い
  ヘビイチゴの仲間ではなく、オランダイチゴの仲間

画像
                    (スズラン)
画像
                  (マイズルソウの群生)
 大きなヤマツツジの木にも満開の花が咲いていた。
画像
               (ヤマツツジも負けずに満開だ)

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は8,569歩、今週の累計歩数は46,793歩/6日。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
夏のような暑さにぐったりしているときに綺麗な山のレンゲツツジはとても新鮮な感じです、山行は一日違いのお天気で残念でしたね。
OSAMI
2007/06/23 22:47
こんばんは。昨日のオカトラノオはサクラソウ科だったのに、どこかでキンポゲ科なんてボケ狂いしたようでした。今朝、うちの「リシマキア・プロクンベンス」の花をしっかり確認して見ながら、あれれ〜!!夕べ確か「キンポウゲ科」とか書かなかったかな?と思っていたら、やはり書いていました。すみません〜。ホントぼ〜〜と味噌が枯れてノーになっていますよね。
また今日も真夜中コメントですが・・。しっかり脳を叩きます〜。
今日のレンゲツツジ、山一面、緑と映えて真っ赤が引き立ちますね。
誰か山火事を見るようだとか表現されてましたよ。やはり有毒なので、こんなに繁殖したのでしょうね。
時期的にこれが一番遅い開花かと思ったら、まだ山ツツジも咲いていましたね。花色がよく似ていますね。此処は高山だから、時期が遅いのでしょうか。低地ではもっと花期が早いのですよね。
ウマノアシガタもヘビイチゴも、スズランも小さいなりに可愛いです〜。
此処の山でも色々な種が開花で楽しめましたね。
昨日が今日だったらお天気で良かったですのにね。

一花
2007/06/24 01:02
 レンゲツツジの群生、見事ですね。群馬の赤城山も来週あたりが満開のようです。デジカメ持って出かけてみようかな?
信徳
2007/06/24 01:52
標高が1,672mだとやはり高山の感じが出ています。
レンゲツツジも綺麗ですが、野生のスズランやマイズルソウが見れるのは羨ましい。
皆さんは傘だけの軽装ではなく、雨具でバッチリ固めています。
寅太
2007/06/24 10:41
雨に濡れたレンゲツツジが素敵ですね。
この時期に咲く花は、雨が似合いますね。
昨日、散歩中に見た紫陽花は暑さのためグッタリしていました。
山野草、綺麗に撮れていますね。写す時は大変でしたでしょうが、お花たちは、イキイキと写っていますね。雨の中のスズランも、とても素敵です。

2007/06/24 16:10
OSAMIさん、今日は。
天気が悪くて山頂からの眺望には恵まれませんでしたが、レンゲツツジの満開の様に巡り会えて満足して帰りました。仰る通り一日前か、後ろならば天気も良くて、私の富士山百景「満開のレンゲツツジと富士山」のツーショットが撮れただろうな、と思っています。
デコウォーカ
2007/06/24 17:20
一花さん、今日は。
連日、夜遅くにコメント有難う御座います。あまり無理をなさらないで下さい。レンゲツツジが山一面、緑と映えて真っ赤の様は、確かに「山火事を見るようだ」の表現が適切に感じました。レンゲツツジが有毒とは知りませんでした。美しい花にはどうも毒があるようですね。犬も歩けば棒に当たる、では無いですがアチコチの山に行けば色々の山野草に出会えます。これからもセッセと歩く事にします。本当に一日どちらかにずれれば「私に富士山百景」が撮れたのですが・・・。又、次の機会にしましょう。
デコウォーカ
2007/06/24 17:36
信徳さん、今日は。
レンゲツツジをネットで調べるとレンゲツツジの名所として赤城山が出てきます。是非、ご覧になって来て下さい。
デコウォーカ
2007/06/24 17:40
寅太さん、今日は。
甘利山は結構高い山ですが車で一気に1600mまで登ったので後は楽チンでした。この日、中学生の団体が一緒で、彼らは言いつけ通り雨合羽で完全武装でした。それに見習ってこちらも完全武装でしたよ。雨でしたがレンゲツツジやその他の山野草に会えて満足して帰りました。
デコウォーカ
2007/06/24 17:45
杏さん、今日は。
雨に濡れた花も綺麗ですよね。マイズルソウやスズランは大きな水滴の中に花が入っているようでしたよ。とっぷりと水につかってしまって雄しべや雌しべが見えないばかりでなく花弁の形までもが良く見えませんでしたよ。それも又、良しでした。しかし、レンゲツツジのジュータンを写す時にはお日様が欲しかったです。
デコウォーカ
2007/06/24 17:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
甘利山ウォーキング       健やかウォーキング /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる